日本料理 喜楽

季節のイメージ
田中君子イラスト
  • 「寄居」の由来

    江戸時代に作られた『新編武蔵風土記稿』によると、「鉢形城落城の後、甲州の侍、小田原の浪士などより集まりて居住せし故の名なり」と記されています。その他各種文献などから、寄居町の起源は戦国時代までさかのぼるのではないかと考えられています。その起源こそ様々ですが、いずれにせよ、「寄居」は、「人が寄る町」「人が集う町」を象徴した歴史的な町名です。

  • 一年中桜に出会える町

    寄居町では“一年中桜に出会える町”を目指し、300品種1万本の桜植栽活動が行われています。大木になるにはもう少し時間が必要ですが、あちらこちらで綺麗な花が咲きはじめています。

  • 北條まつりや玉淀水天宮祭など、にぎやかなお祭りも多数

    大勢の武者隊が北条・豊臣の両軍に分かれ、荒川を挟んで攻防戦を行いう豊穣祭りは戦国時代の合戦さながらの迫力。寄居玉淀水天宮祭の花火大会と舟山車の競演は“関東一の水祭り”と呼ばれるなど、寄居のお祭りはひと味違います。

  • 健康志向のハイキングにも最適

    比較的平坦なコースから、少し歯ごたえのある山歩きまで、寄居町ではたくさんのハイキングコースがあります。お弁当を持ってちょっと一日、自然の中を歩いてみるのにとても良い町です。

  1. 標準文字
  2. 大きめ文字